魅力的な子ども向けアニメを作る上で脚本家に求められること

更新日:2月3日

子ども向けのアニメで人気がある作品は、昔から長く愛されているものが多い印象があります。

子ども向けで魅力的なアニメを作るには、どんな脚本を書くことが求められるのでしょうか?



【目次】
1. 脚本家のプロたちがおすすめするアニメ72. 観ている人を引きつける子どもアニメを作るポイント
3. 子どもアニメの脚本なら PTA Inc.がおすすめの理由
4. 子ども向けアニメの脚本は PTA Inc.におまかせください

1 . 脚本家のプロたちがおすすめするアニメ7選

子ども向けアニメには人気の作品がたくさんありますが、近年は以下の7作品が特に人気です。


①ドラえもん

②パウ・パトロール

③しまじろう

④シルバニアファミリー

⑤ゲゲゲの鬼太郎

⑥けだまのゴンじろー

⑦トミカ絆合体アースグランナー

これらの作品が人気の理由には、どのようなポイントがあるのでしょうか?



①ドラえもん


ドラえもんは、子どもから大人まで幅広い年齢層の人に愛されているアニメの代表ともいえる作品です。

アニメのドラえもんが初放映されたのは、1979年。

そこから40年以上も愛され続けています。


ドラえもんの魅力は、なんといっても夢がたくさんつまった四次元ポケットと、そこから出てくるさまざまな道具たちです。

ドラえもんが道具を出してのび太くんを助けようとするけれど、たまにうまくいかないときがあったりして、つい笑ってしまいます。


またドラえもんとのび太くんをはじめとする、さまざまなキャラクターたちも魅力のひとつ。

それぞれに個性がのあるキャラクターたちがまとまって、ドラえもんならではの世界観を作っています。


②パウ・パトロール


「パウ・パトロール」は、テレビ東京系列で放映されている現代ならではのCGアニメです。

個性を持った6匹の犬たちが、それぞれの持ち味を活かしてさまざまな問題を解決していく物語。

このアニメの魅力は、ドラえもん同様、個性のあるキャラクターと、子どもたちが大好きな「消防車」や「パトカー」といった、働く車が登場してくる点です。

また、日本版のパウ・パトロールでは、より日本の子どもたちが親しみやすいよう、決め台詞や口癖を導入するといった工夫を加えています。

作中に登場するビーグルにも、日本ならではの名前をつけるなど、日本の子どもたちに愛されやすいアニメに仕上げているのが魅力です。


③しまじろう


「しまじろう」は、ベネッセが提供する「こどもちゃれんじ」のキャラクターです。

日本の子どもたちにはもちろん、海外の子どもたちからも大人気なしまじろうの魅力は、かわいらしいキャラクターやオリジナルソングなど、さまざまな要素が考えられます。

特にしまじろうの場合、通信教材からしまじろうのファンになる子も多いです。

また、しまじろうは知育をメインとしていることもあり、自然や音楽、社会といった子ども向けのコンテンツがふんだんに盛り込まれています。

こうしたことから、親御さんが安心して見せられるという点も、魅力のひとつだといえそうです。


④シルバニアファミリー


「シルバニアファミリー」は、日本初のドールハウスとして35年前に販売され、それからずっと子どもたちに愛されています。

その愛らしいキャラクターから、ドールハウス自体も大きなヒットを打ち出して大人気。

今もその人気は変わりません。

さらにアニメ化されたときにそれぞれのキャラクターに誕生日や個性が追加されたことで、シルバニアファミリーに大きな魅力が生まれ、より子どもたちに愛される作品となりました。



⑤ゲゲゲの鬼太郎


「ゲゲゲの鬼太郎」が初めてアニメ化されたのは、なんと1968年。

そこから10年ごとに放映され続け、幅広い層から人気を集めています。

現在のゲゲゲの鬼太郎は、昔の作品よりもかなりアクションが大きく現代らしい構成です。

最新版のアニメ・ゲゲゲの鬼太郎がヒットした理由として、リメイク内容が時代と合っていたことが挙げられます。

昔のゲゲゲの鬼太郎を知る人には違和感があるかもしれませんが、ヒーローアニメのようなアクションシーンが子どもや若者の心を掴んだのです。

また、ヒロインのねこ娘や犬山まなちゃんの、かわいいながらも芯が強いキャラクターも、今の子どもたちにフィットしました。



⑥けだまのゴンじろー

「けだまのゴンじろー」は、人気漫画をアニメ化した作品。

主人公の男の子と、毛玉でできた謎の生命体「ゴンじろー」が出会い、さまざまな物語を繰り広げていきます。

漫画でのゴンじろーは、どちらかというと大人向けのキャラクターでしたが、アニメでは子ども向けのキャラクターに設定し、子どもも見やすいアニメに構成されています。


⑦トミカ絆合体アースグランナー

「トミカ絆合体アースグランナー」は、日曜の朝に放送されているヒーローアニメです。

ヒーローアニメというと、昔から色分けされているそれぞれに個性をもったキャラクターとロボットや変身した超人という設定がお決まりですが、こちらも5色に色分けされたキャラクターで構成されています。

2. 観ている人を引きつける子どもアニメを作るポイント


子どもの心を引きつけるアニメを作るには、以下の3点を意識することがマストです。

・わかりやすいキャラクター設定
・わかりやすいストーリー
・家族みんなで楽しめる雰囲気づくり

これらのポイントについて、詳しく解説していきます。


①わかりやすいキャラクター設定

アニメのキャラクター設定は、それぞれにわかりやすい個性があることが重要です。

先に紹介したアニメも、すべてがわかりやすいキャラクターで構成されています。

それぞれの個性がかぶることなく、どんな性格をしているのかもすぐにわかる。

特に「トミカ絆合体アースグランナー」は、色分けされているのでさらにわかりやすいです。


②わかりやすいストーリー

人気のある子ども向けアニメは、起承転結がはっきりしていて、内容がとてもわかりやすいです。

ご紹介しているアニメにおいても、1話完結型のストーリーが多く、心を掴まれながらも披露することなく見れるように構成されています。

子どもの心を引きつけるアニメを作るには、わかりやすいストーリー設定は必須。

物語の結末も問題が解決するなど、きちんと〆られていることがマストです。

「次回も楽しみだ」と思わせるストーリー設定を行う必要があります。

③家族みんなで楽しめる雰囲気づくり


子ども向けのアニメは、子どもだけではなく家族全員で観ることも少なくありません。

しまじろうで例えるとわかりやすいですが、しまじろうは特に小さい子どもが観るアニメなので、家族で一緒に観るケースが多いです。

家族みんなでアニメを楽しむことができれば、家族はもちろん子どもはもっと楽しくなります。



3. 子どもアニメの脚本なら株式会社ピタがおすすめの理由


弊社では、子ども向けアニメの脚本を得意としています。

なぜ株式会社ピタがおすすめなのか?主な理由は以下の4点です。


・豊富な実績

・多種多様で人柄の良い脚本家と演出家

・チームで取り組める

・速さ、量、そして質

豊富な実績

脚本家にはそれぞれの得意分野があり、その分野はサスペンスや恋愛、ノンフィクションなどさまざまです。

株式会社ピタには、子ども向けアニメの脚本執筆実績が豊富な脚本家が多数在籍しています。

子ども向けアニメの脚本を書くには、どのようにキャラクターが動き、話すのかということをしっかり考えなければなりません。

そのためには、経験の中で培ってきた知識や、実績はとても重要です。

株式会社ピタに所属する実績豊富な脚本家は、子どもの心を掴むアニメの要素を盛り込んだ脚本を執筆し、ヒットアニメを作ります。


多種多様で人柄の良い脚本家と演出家

それぞれの得意分野を生かして、幅広いテーマで良質な脚本を執筆できる脚本家が多数在籍しています。

子ども向けアニメ以外の分野を得意とする脚本家がいるのはもちろん、観る人の心を掴む演出を考えられる演出家も多数在籍。

株式会社ピタに所属するプロフェッショナルはコミュニケーション能力が高く、レスポンスがよい上に対応もスピーディーです。

急な変更にも柔軟に対応できるので、トラブル時の対応もスムーズ。

クライアント様と脚本家の間でストレスのないやり取りを重ねながら作品作りができるので、おのずと素晴らしい作品が仕上がります。


チームで取り組める

株式会社ピタに所属するプロフェッショナルは、コミュニケーション能力が高いのでどんなチームとでも円滑に作業を進め、素晴らしい作品を作り上げることが可能です。


株式会社ピタには、脚本家のほかに放送作家や演出家、映像ディレクターやプロデューサーも所属しており、それぞれのプロフェッショナルがチームとなって作品作りに取り組める環境が整っています。

気心の知れたそれぞれの専門家が、チームとなってひとつの作品を作り上げることで、より高いクオリティの作品作りが可能です。

速さ、量、そして質


実績豊富な企画のプロ、脚本のプロが揃っているので、早さはもちろん高品質な脚本を提供いたします。

制作段階で入った急な修正にも迅速に対応可能、作業が途中で中断してしまう心配がありません。


作品のクオリティと作業スピード。

すべてを含めて「依頼してよかった」というクライアント様からの声を多数いただいております。

4. 子ども向けアニメの脚本はPTA Inc.におまかせください

株式会社ピタには、子どもだけでなく大人まで幅広い年齢層に、長く愛されるアニメの脚本を執筆できる脚本家が在籍しております。

一つの作品を多人数で作る『ハリウッド式の脚本制作』を作ることができるので、子ども向けアニメの脚本は、株式会社ピタにおまかせください。

費用においても安心してご依頼いただける価格をご提案いたします。